logo |

マーケット

    現在位置 トップページ >  マーケット  >  テクニカル指標  >  テキストの詳細
    インド 2020-05-14 06:19:13
    テクニカル指標 USD Overview (14 May 2020)

    Yesterday, USD strengthened against most major currencies except JPY.
    During a speech yesterday, Federal Reserve Chairman Powell said that the central bank is not considering negative interest rates despite speculations that they will go further into the negative territory.
     
    USD/JPY Outlook (14 May 2020)
    Overall, USD/JPY is ranging across. Recently USD/JPY moved lower, breaking below the key level of 107.
    USD/JPY‘s next support level is at 106.200 and the next resistance level is at 107.800.
    Look for selling opportunities of USD/JPY.
     
    EUR/USD Outlook (14 May 2020)
    Overall, EUR/USD is ranging across. Recently, EUR/USD bounced off the key level of 1.09, moving lower towards the support level of 1.07800.
    EUR/USD’s next support level is at 1.07800 and the next resistance level is at 1.09700.
    Look for selling opportunities of EUR/USD.

    GBP/USD Outlook (14 May 2020)
    Overall, GBP/USD is ranging across. Recently, GBP/USD trended lower into the support level of 1.22400.
    The UK GDP data released yesterday indicated a negative growth in the UK economy due to the negative impact caused by the COVID-19 pandemic and the measures taken to reduce transmission of the virus. The decline in quarterly GDP is the biggest fall since Quarter 4 2009.
    -Preliminary GDP q/q (Actual: -2.0%, Forecast: -2.6%, Previous: 0.0%)
    -GDP m/m (Actual: -5.8%, Forecast -7.9%, Previous: -0.1%)
    Bank of England Governor Bailey will be speaking in a webinar later at 1830 (SGT).
    Currently, GBP/USD is testing the support level of 1.22400 and the next resistance level is at 1.24400.
    Look for selling opportunities of GBP/USD if it breaks the support level of 1.22400.

    質問を入力してください...
    登録してください ログインしてコメント
    3件のコメント

    誰もまだコメントしていません、すぐにコメントします

    FX3886574399
    ブローカー

    公開済み

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください